【Mazda・CX-8】 vs トヨタ・アルファード、4WD仕様の徹底対決!どっち? 

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

2019年10月、通算で2回目となる年次改良を発表したMazdaの最上級SUVはCX-8。

対するトヨタ・アルファードは、くつろぎの快適移動空間を極める、高級ミニバン。

両車両をフェアに4WD仕様で比較してみました。

では徹底対決をご覧ください。

スポンサードリンク



【Mazda・CX-8】vs トヨタ・アルファード/比較選抜の4WD標準スペックを紹介

引用:https://toyota.jp/alphard/、https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

2.2Lのクリーンディーゼル・ターボエンジン仕様をグレードに持つMazdaの最上級SUVのCX-8に対して、Hybrid仕様とガソリンエンジン仕様のグレードを持つトヨタの高級ミニバンこと、アルファード。

家族総出でお出かけできるクルマを考えた場合、雨の日も、より安心して運転できる4WDが欲しくなるのは当然とも思えます。

Mazda・CX-8とトヨタ・アルファード、両車両の最も低価格な4WDグレードは、両車共通の2.5Lガソリンエンジン仕様です!

それでは双方を比較してみましょう。

スポンサードリンク



【Mazda・CX-8】vs トヨタ・アルファード/最低価格4WDの乗出し価格とエンジンスペック

※上記は標準色、ナビ・オーディオ無し、フロアマット無し

両車両の最低価格グレードでの乗出し価格は、CX-8が約36万円の価格安ながらも、最高出力(190馬力)、最大トルク252N・m、WLTC燃費12.4km/L です。

パワーと低燃費で、いずれもMazda・CX-8がトヨタ・アルファードを上回りました。

エンジン性能はCX-8の勝ちです!

【Mazda・CX-8】vs トヨタ・アルファード/最低価格4WDのサイズスペック

外観サイズは全高でアルファードが1,950㎜で、CX-8の1,730㎜よりも220㎜も高いことがわかりますが、この高さでは一般的なタワー型マンションの1,550㎜の高さを優に超えますから、駐車場スペースの確保には、両車両いずれも注意が必要です。

最小回転半径5.6mのアルファードが若干小回りに分があり、車重の軽さは1780㎏のCX-8に分があります。

でも注目すべきは室内サイズで、最低地上高さが170㎜のアルファードは、CX-8の200㎜よりも30㎜も低く、より乗り降りがし易いというだけでなく、室内長3,210㎜、室内幅1,590㎜、室内高1,400㎜の全てにおいて、CX-8を上回っています。

4WDアルファードの乗車定員が8人であることも納得でしょう。

サイズ勝負は、CX-8よりも室内が広いトヨタ・アルファードの勝ちです!

【Mazda・CX-8】vs トヨタ・アルファード/最低価格4WDの標準内装

両車両の標準内装についてご覧ください。

内装/フロント

引用:https://toyota.jp/alphard/、mazda.co.jp/cars/cx-8

Mazda・CX-8(4WD/25Sグレード)とトヨタ・アルファード(4WD/Xグレード)、双方ともに標準で本革巻ステアリングにフルリモートスイッチが装備されます。

内装/シート

引用:https://toyota.jp/alphard/、mazda.co.jp/cars/cx-8

アルファード(4WD/Xグレード)が白を基調としたファブリック、CX-8(4WD/25Sグレード)は対照的な黒を基調としたクロス。

税込乗出し価格/377万4,000円(アルファード)と、341万4,570円(CX-8)の価格差およそ36万円の差を考えると、CX-8のコストパフォーマンスも捨てがたいように思いますが、甲乙つけがたい両車の内装対決は引き分けとします。

【Mazda・CX-8】vs トヨタ・アルファード/最低価格4WDの標準安全装備

アルファード(4WD/Xグレード)とCX-8(4WD/25Sグレード)の標準搭載された安全性能についての比較をご覧ください。

走行時の標準・安全性能

一見すると、走行時の自動ブレーキでは、アルファード(4WD/Xグレード)にはミリ波レーダーが標準装備されたことで、レーダークルーズやレーンアシストによる走行時の疲労軽減性能が高いように思えます。

しかしながら、CX-8(4WD/25Sグレード)では高速走行時にレーン変更する際の、死角監視(ブラインド・スポット・モニタリング)標準機能が搭載されています。

誤発進や衝突安全に関する標準・安全性能

双方にバックガイドモニターが標準装備されていますが、アルファード(4WD/Xグレード)には無い、後退時パーキングセンサーが、CX-8(4WD/25Sグレード)には標準装備されています。

これは前方から駐車した際に、後退しながら駐車場から出る際に、不意に左右から現れる他の車両の接近を知らせてくれる嬉しい機能と言えるでしょう。

またアルファード(4WD/Xグレード)には、万が一衝突事故が発生してしまった場合に、ドライバーの膝を守る運転席ニーのSRSエアバッグカーテンが追加されています。

CX-8にはこれらアルファードとの安全性能の装備差を解消する方法として、4WD/25S PROACTIVE仕様(最低乗出し価格388万770円)が用意されています。

安全性能に関しては、オプション価格に左右されるため、両車引き分けとします。

【Mazda・CX-8】vs トヨタ・アルファード/まとめ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/design/

Mazda・CX-8(4WD/25Sグレード)と、トヨタ・アルファード(4WD/Xグレード)の比較では、パワーと軽さとコストパフォーマンスで、てっきりCX-8が有利かと思いきや、室内の広さではアルファードに分があります。

また、安全性能については両車、甲乙つけがたいレベルにあるクルマですから、スペックの上では引き分けと言っても、決して過言では無いでしょう。

でも、双方のクルマの原点に戻って考えれば、その特性は全く異なったクルマだということがわかります。

引用:https://toyota.jp/alphard/gallery/?padid=from_alphard_top_gallery_exterior#exterior

快適性と室内空間の広さを極めるクルマを選ぶのであれば、乗出し価格で700万円を優に超えるトヨタ・アルファードの横に並ぶ国産車は見当たらないように思えます。

大切なお客様や家族を乗せる最高級のミニバンならば、必ず候補にあがるクルマがトヨタ・アルファードだと言えるでしょう。

一方のMazda・CX-8は、SUV独特の洗練されたエクステリアデザインと、ミニバンに匹敵するような上質空間を備えたCX-8もまた、大切な人、家族を乗せて安全な旅のお供には最適なクルマだと言えるでしょう。

さらに、瞬発力のあるパワーを求めるならガソリンターボ仕様の25Tシリーズを!

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

あるいは低回転からの力強い走りを体感させる、低燃費で経済的にも優れたクリーンディーゼルの直噴ターボエンジンを搭載したXDシリーズが、500万円を切るコストパフォーマンスで販売されている点も、CX-8が優れたクルマであることを物語っています。

CX-8とアルファード、どちらも上質でコストパフォーマンスに優れたクルマであることは間違いないのですから、究極の選択の答えは、あなたがミニバンが好きなのか、それともSUVが好きなのかといった、個人的な主観による選択が両車を選ぶ決めてになります。

でも、ひとつ忘れてならないことがあります。

CX-8とアルファードは、どちらも小さなコンパクトカーではないということです。

購入前には、所有される駐車スペースにきちんと収まるかどうかは、必ず確認することが重要です。

アイキャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/driving/

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。