【Mazda・CX-8】タイヤサイズとサイズアップ、タイヤ交換について

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

タイヤって、クルマの部品の中でも、常に地面と接地している部品ですから、クルマの走行性能に直結している、最も重要な部品だといえます。

スポンサードリンク



【Mazda・CX-8】タイヤサイズ

人気のマツダ最上級SUV、CX-8には純正タイヤとして、225/65R17(17インチアルミホイール)のXD仕様と、225/55R19(19インチアルミホイール)XD PROACTIVE仕様、ならびにXD L Packageがラインナップされています。

ご自身のクルマのタイヤの側面に着目すると、225/65R17と浮き出ている部分が読みとれるでしょう。

これがタイヤサイズを表す形式です。

225/65R17という表記の意味ですが、225はタイヤのおおよその幅を意味しています。

65は扁平率で、数字が小さいほどタイヤは薄くなります。

17は直径17インチであることを表しています。

ですので、18インチ、19インチと数字が大きくなるほど、タイヤの直径は大きくなります。

(→タイヤに関してもっと詳しい内容はこちらを参考にしてください。)

L Packageの19インチアルミホイールには専用の高輝度塗装が施されていて、他の仕様よりも高級感の差別化がなされています。

また、17インチと19インチのアルミホイールを純正に持つCX-8は、いずれもP.C.D.=114.3mmの5穴タイプで、7Jのオフセットホイールとなります。

タイヤサイズにこだわるマツダですから、社外製タイヤとホイールを探す場合には、純正品と同じタイヤサイズとホイールサイズを選びましょう。

規格に適合しないタイヤやホイールは、タイヤの走行メーターの狂いだけでなく、安全に関わる機能も作動しない可能性があるので止めましょう。

その例として、CX-8には全車標準で「アクティブボンネット」と呼ばれる、万が一、人に接触してしまった場合、接触した人を死亡事故から保護しようとするシステムが搭載されています。

ところが、このシステムが正常作動するには、4輪全てがマツダ指定サイズのタイヤ&ホイールでなければならないとのことです。

しかしながら、スタッドレスタイヤでは19インチ対応の225/55R19を見つけるのが難しいというのがオーナーの悩みどころだそうです。

今のところ、打開策としては、17インチにインチダウンして、225/65R17のタイヤを装着するのが唯一の選択肢のようです。

ところで、他にもタイヤサイズで気になる点として、交換する際のタイヤ価格でしょう。

具体的な価格例として、ブリジストンの低燃費(ノーマル)タイヤDUELER H/L850のネット価格で、225/65R17で1本およそ2万円程度ですから、4本でおよそ8万円(取付工賃は除く)程度となります。

225/55R19で1本およそ22,500円程度ですから、4本でおよそ9万円(取付工賃は除く)程度ですので参考にしてください。

スポンサードリンク



【Mazda・CX-8】サイズアップ

マツダのクロスオーバー系人気SUVのCX-8のタイヤをサイズアップしたい場合、社外製で販売されているものでは、20インチ、21インチ、22インチがあります。タイヤサイズは245/45R20(20インチ)で、ネットではアルミホイールとタイヤの4本セットでおよそ9万円程度(取付工賃は除く)から販売されています。

同様に、255/40R21(21インチ)、22インチでは265/30R22で、アルミとタイヤ4本セットで、それぞれおよそ16万円程度(取付工賃は除く)から販売されています。

ただし、前述の安全装置が作動しない可能性をあらかじめ認識しておく必要があります。

それでもCX-8のタイヤサイズアップを望むのであれば、ご予算に合わせて、あなたのCX-8をドレスアップしてくれる素敵なアルミホイールを探してみましょう。

アルミホイールが変わると、愛車の雰囲気はガラッと変わりますよ。

【Mazda・CX-8】タイヤ交換、交換方法は?

CX-8のタイヤ交換をご自分で行う場合、CX-8をジャッキする為の純正ジャッキは、3列目シートの後方のラゲッジルームにある、ラゲッジボードの下にパンタジャッキが収納されています。

引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/manual/cx-8/

ジャッキする場所は要注意!

ジャッキアップする際は、パーキングブレーキ(Pレンジ)とパーキングブレーキはもちろんですが、ジャッキでクルマを持ち上げる為のジャッキ指定位置があります。

もちろん、平らな地面の場所!ということも大切です。

引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/manual/cx-8/

CX-8の取扱説明書にも記載がありますが、ジャッキしたいタイヤのすぐ近くに、ジャッキするための、フレームに補強された部分がありますので、確認してみましょう。

(安全のためには、前輪を持ち上げるなら後輪の前後に、後輪を持ち上げるのであれば前輪の前後に輪留めをすることが望ましいです。)

ジャッキ指定位置以外でクルマをジャッキすると、モノコックボディが変形して、ボディにダメージを受けてしまう可能性がありますから、注意が必要です。

ジャッキする前に、①レバーがパーキングに入っているか?②サイドブレーキ(またはパーキングブレーキ)がロックされているか?確認しましょう。

また、タイヤ交換をご自身で行う場合は、ジャッキアップする前に各ホイールの5穴のナットを予め緩めておくということがポイントでしょう(ナットは緩めるだけで、外さないで下さい)。

持ち上げてからでは、ナットを緩める為に後輪のパーキングブレーキに負担がかかったり、前輪はブレーキを踏まないと空転してしまって、ナットが緩められないといった事態を経験するでしょう。

また逆に、5穴のナットを締めこむ際も同様で、タイヤがハブに真っすぐになるようにある程度締めたら、ジャッキを降ろして、各ナットを本締めするのがポイントになります。

それから、各ナットを手で締めこむ際は、1か所だけを先に締めこむと、ホイールが斜めになってきちんと締めこめませんので、なるべく対角に、そして順番に慌てずに、順繰り順繰りとゆっくり締めこんでいくことが大切です。

前述のようにタイヤ交換をご自身で行うには、ある程度の基本的な知識はもちろんですが、17インチや19インチのタイヤ&ホイールは、案外大きく、それなりの重量があることを、身をもって知ることになります。

タイヤのパンクなど、突然のタイヤトラブルが起きた場合、タイヤ交換に関する知識があると、いざというときに役立ちます。

でも汗だくになって愛車のタイヤ交換を行うことも良いですが、JAFや任意保険に加入されていれば、タイヤパンク時のサービスが付帯されている場合がありますので確認してみましょう。

あるいはコストコという選択も便利ですので、紹介しましょう。

コストコ(Costco)は、アメリカ生まれの会員制ショッピングホールセンターです(会員制ですから年会費がかかります)。

コストコでタイヤを購入すると、タイヤ交換店舗にホイール付きタイヤを持ち込みさえすれば、交換工賃無料でタイヤを交換してもらえるサービスがあります。

タイヤ交換がラクで便利な上に、タイヤ交換の間に買い物もできるので、忙しい方にはとても効率的ですから、おすすめです。

時間を効率的に使って、CX-8のカーライフを存分に楽しみましょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。