【マツダ・CX-8】 ボディー色と色見本コード。簡単手入れも紹介。

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】人気のボディ色は?

放送終了後にニュースを放送する女性アナ

いきなりですが、マツダ・CX-8のボディ色と、人気色について紹介します。

 7位 ディープクリスタルブルーマイカ

6位 チタニウムフラッシュマイカ

5位 ソニックシルバーメタリック

4位 マシーングレープレミアムメタリック *

3位 ソウルレッドクリスタルメタリック *

2位 ジェットブラックマイカ

1位 スノーフレイクホワイトパールマイカ *

* メーカーオプションにて有料

引用元:https://www.cx-7.car-lineup.com/mame/color.html#midashi1

近年のマツダが訴え続ける鼓動(KODO)デザインは、新たな色の開発をも触発して進化しています。そして、CX-8のコンセプトは普遍的な美しさと上質なデザイン。堂々の人気1位のスノーフレイクホワイトパールマイカは、白を基調としてオプション価格+税込み32400円であるにもかかわらずの人気色です。中古市場でも人気の高い白色は鉄板色とも言えるでしょう。

人気色2位の黒色ジェットブラックマイカは、高級感というイメージにふさわしい色と言えるでしょう。人気3位のソウルレッドクリスタルメタリック(オプション価格+税込み54000円)と人気4位のマシーングレープレミアムメタリック(オプション価格+税込み75600円)は、マツダが匠塗り(TAKUMINURI)と銘打って開発したカラーです。匠塗りは、職人技による複数層の塗装技術によって、光に反射して目に見える部分の色と、光に反射しない影の部分の表現を取り入れた新しい色技術です。

マツダデザインのDNAを強く打ち出すソウルレッドクリスタルメタリックの洗練された躍動感のある魂の赤色、機械的な金属の美しさを表現するマシーングレープレミアムメタリック。マツダの進化は止まりません。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】簡単手入れ?

マツダ・CX-8の上質な美しさを放つ様々なボディ色は、そのメンテナンス性も考慮されています。マツダ純正のMGコーティングを施せば、定期的な水洗いによって、新車時の輝きを維持することができます。施工後1ヵ月であれば、洗車機の使用も可能です。MGコーティングは手間がかかるワックスとは異なるもので、ワックスの油膜による撥水で作られる水玉のレンズ効果によるボディ焼けも防ぎます。

基本的には水洗いだけにとどまる、マツダ純正のMGコーティングですが、簡単手入れを継続するには、下記のいくつかの注意点があります。

MGコーティングの持続に必要なこと

1.定期的な洗車:汚れが目立たなくても、最低月に一度の洗車を推奨しています。油汚れやタールには付属のメンテナンスシャンプーを使用しましょう。また洗車の水は水道水が基本です。

2.洗車後はすぐにふき取る:水道水に含まれるカルキなどの成分がボディに焼き付くと、リング状の白いシミにつながります。

3.雨のあとは早めの洗車:酸性雨に含まれる異物はボディ塗装を傷める原因になります。早めに取り除きましょう。

4.鉄粉、鳥糞、虫の死骸、樹液、花粉は放置しない:私たち人間が住む現代の環境は、車のボディ塗装には有害なものばかりです。早めの洗車を心がけましょう。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】色見本コード

気を付けていても、走行中に飛んできた石などでボディやバンパーに傷がついてしまう事が多々あります。そんな時は、ホームセンターなどで販売されているタッチペンがちょっとした傷を目立たなくさせるには便利です。色と色見本コード(数字とアルファベットの組み合わせ)は次の通りです。必要な際は参考にしてみてください。マツダ・CX-8の個性的な色と共に、クルマライフを楽しみましょう。

・ディープクリスタルブルーマイカ:42M

・チタニウムフラッシュマイカ:42S

・ソニックシルバーメタリック:45P

・マシーングレープレミアムメタリック:46G

・ソウルレッドクリスタルメタリック:45P

・ジェットブラックマイカ:41W

・スノーフレイクホワイトパールマイカ:25D

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする