【マツダ・CX-8】燃費と実燃費は?燃費向上方法は?

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

スポンサードリンク



【マツダ・CX-8】カタログ燃費

車のスピードメーター

マツダ、クロスオーバーSUVシリーズの最上級クラスとして2017年12月から販売が開始されているCX-8のカタログ燃費について紹介いたします。

2WD(XD、XD PROACTIVE、XD L Package)は、JC08モード:17.6km/L、WLTCモード:15.8km/L(市街地モード:12.7km/L、郊外モード:15.7km/L、高速道路モード:18.0km/L)です。

4WD(XD、XD PROACTIVE、XD L Package)は、JC08モード:17.0km/L、WLTCモード:15.4km/L(市街地モード:12.5km/L、郊外モード:15.3km/L、高速道路モード:17.5km/L)です。

CX-8は価格を優先したXD仕様、安全仕様をプラスしたXD PROACTIVE仕様、さらに高級仕様を網羅したXD L Package仕様の3つから構成され、2WDと4WDの計6種類にまとめられたシンプルな車両スペックにまとまっています。またエンジンは、全車種共通の2.2L水冷4気筒DOHC直噴ディーゼルエンジンで、軽油燃料、燃費については2WDと4WDという大きく2種類に分類されます。それぞれ同じエンジンですから、車両重量の差(2WD:1830kg、4WD:1900kg)がそのまま燃費となって現れます。

燃費の良いCX-8は、エコカー減税100%対象車に加えて、クリーンディーゼル補助金の対象車にもなっていますので、購入時の減税額や当初の自動車税額にも期待が高まります。さらに、燃料の設定価格がガソリンよりも低い軽油ですので、ご購入後のお得感もより一層高まることでしょう。

スポンサードリンク



【マツダ・CX-8】実燃費の口コミと燃費確認する方法

↓マツダ・CX-8を実際に購入されたオーナーの声を、価格.COMから紹介します。

うちは2WDです。
400キロくらい走りました。
市街地高速半々くらいで、10.7キロ(リッター)
寒いのでエアコン25度で風量2くらいでつけっぱなし
こんなもんですかね

うちはバイパス道や街乗りで200km走り約11km/Lちょっとでした。
燃費は期待してましたが、カタログ値より悪いですね。
もう少し様子見したいです。

カタログ値が出ることはまず無いので安心してください(笑)
冬季ならカタログ値の6掛け出れば御の字ですよ。

↓みんカラサイトの口コミも紹介いたします。

4500㌔ほど走って平均燃費13.2㎞と十分です。(通勤が片道2.2㎞の燃費悪化要因なので個人的にかなり良いです)

100km/h付近に境目があります。越えると恐ろしく燃費悪くなりますが
ゆったり走る分には十分だと思います。街乗り13、高速15くらいでしょうか。

前のNAでレギュラーからですとめちゃ燃費良いです。重くてデカイのに燃費良いなら文句ないです!タンク容量74Lほどあるので通勤や大洗帰る時、キャンプ等長距離走る私にとっては有難い数値とお財布に優しいですw

価格.COMの投稿では、2WDでWLTC市街地モードの12.7km/L は、いずれの方も達していません。デカくて車両重量が1830kgもあるCX-8の街乗り実燃費はおよそ11km/L前後のようですが、みんカラでは街乗り13km/Lという声もあり、燃費については高評価が目立ちます。また、長距離を走行するほど燃費は上がる傾向ですが、いずれにしてもカタログ値の燃費に及ぶことはなさそうです。

スポンサードリンク



実燃費を確認するには

CX-8の中央正面に設置されたセンターディスプレイに着目しましょう。ホーム画面から各アイコンを選択し、燃費モニターを選ぶと、i-stop効果や状態、燃費情報など、燃費に関する様々な情報を見ることができます。

【マツダ・CX-8】燃費向上方法

重くて3列シートの広い空間を持つSUV、マツダ・CX-8に搭載された直噴ターボディーゼルエンジンの燃費性能評価は高いと言えますが、カタログ燃費には達しないとの声は、もはや常識とも思えるほどに多いのが現状です。ですが、燃費向上の方法として基本に戻って考えてみましょう。

マツダ・CX-8のディーゼルエンジンは2000回転という低回転域でピークトルクを発生することから、発進する時の力強さは良いのですが、ピークトルクを出すためにアクセルを踏むことになるので、その分、燃料の軽油を消費することになります。i-stopで節約してもまだまだ足りないという感があるでしょう。自動車は一度速度が出てしまえば、それほど力が無くても190馬力で走り続けることが可能です。ただし、タコメーターが4500回転を超えると馬力は下がってしまいます。

つまり、2000回転までのトルクで一度加速したら、4500回転以下で速度を維持すれば、理論的には最適に燃料を消費することになります。ですから長距離走行で燃費が伸びるのですが、さらに速度も求めてアクセルを踏んでも、無駄に燃料を消費してしまう事になります。また、下り坂でエンジンブレーキを使用すると、アクセルを踏まないので、燃料がセーブされます。とは言え、マツダの人馬一体のコンセプトに則って、走りと燃費のバランスを楽しんで見るのも良いでしょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。