【Mazda・CX-8】 年次改良でガソリン車?ディーゼル車?どっち? 

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

Mazda(マツダ)が力を注いでいるクロスオーバー系SUV・CX-8は、2018年の年次改良で、良くも悪くも消費者の選択肢の巾が増大しましたが、これまでのクリーンディーゼルエンジン仕様に、新たにガソリンエンジン仕様が加わったことで、購入事情が少し複雑化してしまったのでしょうか?もし、ガソリン車とディーゼル車のどちらかを選ぶか迷ってしまう方は、まずは下記の価格比較して、ひも解いていきましょう。

公式サイト:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/?link_id=sbnvより

スポンサードリンク



【Mazda・CX-8】 ガソリン車か?ディーゼル車か?/グレードと価格

グレード ガソリン ディーゼル

PROACTIVE

2WD/6AT

25S

(水冷直列4気筒)

税込325万6,200円

XD

(水冷直列4気筒直噴ターボ)

税込369万3,600円

L Packadge

2WD/6AT

25S

(水冷直列4気筒)

税込375万8,400円

XD

(水冷直列4気筒直噴ターボ)

税込422万8,200円

4WD/6AT

25T

(水冷直列4気筒直噴ターボ)

税込374万2,200円

XD

(水冷直列4気筒直噴ターボ)

税込360万7,200円

PROACTIVE

(4WD/6AT)

25T

(水冷直列4気筒直噴ターボ)

税込424万4,400円

XD

(水冷直列4気筒直噴ターボ)

税込446万400円

(2WD/6AT)

25S

(水冷直列4気筒)

税込289万4,400円

これまでのCX-8は、クリーンディーゼル・ターボエンジンのみの仕様で、私たち消費者はXD、PROACTIVE、L Packadgeという、わずか3つのグレードから選べば良かったので、唯一迷うとしたら6人乗りか?7人乗りか?、2WDか?4WDか?といった選択肢だけだったので、とてもシンプルなクルマという印象でした。ところが2018年の年次改良によって、新たにガソリンエンジンとガソリン・ターボエンジンの仕様が加わりました。次は価格とエンジン性能について詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク



【Mazda・CX-8】 ガソリン車か?ディーゼル車か?/エンジンスペックと燃費

エンジンスペックは、ストレスなく走るパワーと、維持・走行する上で無視することができない燃費性能について重要な役割を担っています。では、馬力、トルクと燃費性能について、次の一覧表をご覧ください。

項目 ガソリン ディーゼル

(ターボ)

25S 25T

(ターボ)

排気量 2.5L 2.5L 2.2L
最高出力 190馬力

6000rpm

230馬力

4250rpm

190馬力

4500rpm

最高トルク 252N・m

4000rpm

420N・m

2000rpm

450N・m

2000rpm

燃料 レギュラーガソリン 軽油
WLTC

モード

燃費

12.4km/L 11.6km/L

15.4km/L

(4WD)

15.8km/L

(2WD)

タンク容量 72L 74L 74L

ディーゼルターボの450N・mの大きなトルクは、2000rpmという低回転で発揮され、さらに4500rpmでは、190馬力の最高出力を放つCX-8のクリーンディーゼル・ターボエンジンは、発売後の現在も、とても魅力的です。これに対して、25Sのガソリン・ノンターボ車は、トルクこそはディーゼルに及ばずとも、6000rpmの高回転域で同じ190馬力を発揮する、伸びのあるクルマです。さらにガソリン・ターボエンジンの25Tならば、ディーゼルに匹敵する420N・mのトルク(2000rpm)と、ディーゼルを超える230馬力(4250rpm)の最高出力を発揮します。ガソリン車でもパワフルなエンジンは健在です。

スポンサードリンク



【Mazda・CX-8】 ガソリン車か?ディーゼル車か?/購入価格

CD/DVDとナビ用SDカードを搭載した場合の例をもとに、最安車両を用いてガソリン(ノンターボ)、ガソリン(ターボ)、ディーゼル(ターボ)の3車種の購入価格を比較してみました。

項目 25S

ガソリン

ノンターボ

25T

PROACTIVE

ガソリン

ターボ

XD

4WD

ディーゼル

ターボ

車両本体

(最安ベース)

289万4,400円 374万2,200円 360万7,200円
純正CD/DVD、

フルセグTV

3万2,400円
ナビ用

SDカード

PLUS

4万8,600円
諸費用合計

11月分

自動車税を適用

25万6,950円 27万8,150円 13万4,650円
合計

(8%税込)

323万2,350円 410万1,350円 382万2,850円
WLTC

モード

燃費

12.4km/L 11.6km/L 15.4km/L
燃料価格

(12000km/年

走行)

14万5,200円

※ガソリン150円/L計算

15万5,250円

※ガソリン150円/L計算

10万5,300円

※軽油135円/L計算

注目すべきは、ガソリングレードで最も安い25Sの購入価格(323万2,350円)と、ディーゼルグレードで最も安いXDの購入価格(382万2,850円)との差額がおよそ60万円ということでしょう。これは、クリーンディーゼルの自動車税(取得税、重量税)の免税100%が効いています。ガソリン車25Sの諸費用(25万6,950円)よりも、ディーゼル車XDの諸費用(13万4,650円)が、およそ12万円も安いことがわかります。

また、WLTCモードで25Sの燃費12.4km/Lと、XD(4WD)の燃費15.4km/Lの差、そしてガソリン価格と軽油価格の差から、毎年12000km走行したと仮定した場合、年間で4万円の差が出ますが、購入価格差60万円は、およそ15年程乗らなければ、気にする必要は無いでしょう。ところで、CX-8に準備されたオプションで、4万8,600円という低価格でナビゲーションが使用できるようになるSDカードPLUSは、お買い得という言葉以外には見当たりません。

【Mazda・CX-8】ガソリン車か?ディーゼル車か?/まとめ

マツダのクロスオーバー系SUV、CX-8の購入を考えた場合、2018年の年次改良によって、一見複雑化して見えるガソリン車と、クリーンディーゼル車の仕様ですが、消費者が安心して購入できるメリットとして、全車標準装備の安全性能があげられます。また、全長4900mmを始め、ゆったりとした7人乗りをも可能にする3列シートなど、外観サイズは全車種統一されています。これに対して、ガソリン車とディーゼルエンジンの燃費差は、ガソリン価格と軽油価格の違いはあっても、年間12000km程度の走行であれば、燃料価格差はおよそ5万円以下となっています。

これは、CX-8のクリーンディーゼルエンジンの性能の高さももちろんですが、CX-8のガソリンエンジン性能が高いことも意味しています。つまり、2018年の年次改良によって、消費者がCX-8に何を求めるかという選択肢が、より明確になったと言えるでしょう。マツダの安全で最上級のSUV、CX-8を、最も安価に購入したいというのであれば、25Sに特化すれば良いでしょうし、これまで通り、エコなクリーンディーゼルに乗りたいというドライバーも、もちろんいるでしょう。また、ガソリンターボの新たなパワーを乗りこなしたいドライバーなら、25Tという選択肢が加えられたのです。

2018年の年次改良で、CX-8の選択肢はより明確化しました。そして、2019年10月に予定されている消費税10%の増税は、全ての消費者にとっては受け入れがたい事実です。CX-8も含めて、自動車の購入には消費税の増税が大きくのしかかります。300万円の買い物をした場合、8%の消費税額は24万円ですが、消費税10%では30万円の消費税額になりますから、せっかく減税で購入コストが浮いたと思ったら、消費税の差額6万円で、すぐに消えてなくなってしまいます。CX-8が欲しいなら「善は急げ」のごとく、早めのご購入が良いでしょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする