【マツダ・CX-8】納期、納車状況は?

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

人気のクロスオーバーSUV、マツダ・CX-8の納車に関して紹介いたします。

スポンサードリンク



【マツダ・CX-8】納期遅れ?

「卓上カレンダーのチェックマーク卓上カレンダーのチェックマーク」のフリー写真素材を拡大

CX-8の納期に関して、マツダの公式サイトで以下の内容が発表されています(2018年5月8日時点)。

現在、CX-8につきましては、ご注文をいただいてから工場出荷までに、下記の期間を要しております。
通常より納期が遅れておりますことを、心からお詫び申し上げます。
弊社といたしましては、お客様の納期短縮に向け最大限の取り組みをしておりますので、何卒ご理解承りますよう、お願い申し上げます。

CX-8、6月中旬以降の工場出荷目途

実際、2018年5月の段階での納車待ちはおよそ3か月でした。

スポンサードリンク



【マツダ・CX-8】納車はいつ?

マツダ・CX-3、CX-5に次ぐ、3列シートを搭載した最上級クラスのCX-8の評価は、走行性能、燃費性能について高い評価を得ています。またスカイアクティブ2.2L、DOHC直噴ターボ のディーエンジンのパワフルトルクによる加速性能も好評です。マツダ・CX-8の唯一の欠点としては納車の時間かも知れません。2018年7月の段階では、契約後の納車までは早くてヵ月、長ければ3か月待たなければならなそうです。また、決算を迎える8月、9月であれば、はやくて3ヵ月、長ければ4か月あるいは5か月という事態に陥りそうです。通常、車の納車は1ヵ月が相場でしょうが、2か月、3か月と生産が間に合わずに順番待ちとなるのは、人気車種の宿命とも言えるでしょう。

スポンサードリンク



【マツダ・CX-8】納車待ち?

通常の自動車の納期と言えば1ヵ月でしょう。しかしながら、SUV人気のCX-8は最低でも2か月、2018年の決算期の9月を迎える8月、9月に契約した場合の納車時期は、早くて3か月待ちを期待した方が良さそうです。まさに果報は寝て待てということでしょうか。また、長期の納車待ちを予想して、7月に駆け込み契約される方の増大も予想されます。少しでも納車時期を早める手段として、最もリーズナブルで人気が高いグレードのXDグレードを注文する方法も一理あります。人気グレードは生産量が多く、色、グレードさえマッチすれば、早く納車にこぎつけられる可能性が生まれます。詳しくはお近くのディーラーに確認しましょう。

【マツダ・CX-8】納車を早める方法?

現在、新型CX-8を入手する方法としては、いかに生産量の多い色とグレードを選択するか?あるいは徹底的に自分色の仕様でこだわってじっくり待つかという2択のようです。ですが、もう一つ納期短縮をする方法があるようです。その方法とは、ディーラーの営業マンに「キャンセル車両が出たら教えてください」と一言伝えることです。

キャンセルの理由とは?

注文したのに様々な理由でキャンセルとなってしまったクルマは、ディーラーにとっては在庫車となってしまいます。例えば、契約したのに何らからの理由でローン審査が通らなかった場合などです。理由は何であれ、在庫になってしまったのであれば、売りたいというのがディーラーの本音でしょう。こうなれば、既にある在庫車ですので、ゼロからの生産を待つ必要は無くなります。ただし、色、グレードを在庫車に合わせる必要が生じます。

偶然のキャンセルで納車が早い上に、ご自分の理想のCX-8を手にできれば物凄くラッキーですが、納期を優先するか、じっくりと自分仕様を追求するのか、いずれにしても、CX-8に限っては、現状で納車待ち2か月であれば早い納車と言えるでしょう。私なら焦って購入して後悔するよりも、じっくりと選んで購入したいと思うひとりですが、ご自分にとって納得のいく方法でマツダ、CX-8を手に入れましょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする