【Mazda・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】 比較 どっち?

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

2018年、1月から6月までで、トヨタ・ランドクルーザープラドの販売台数は1万5030台(月平均で約2500台)。一方、マツダ・CX-8は2万485台(月平均で約3000台)です。双方のSUV車種について比較しました。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】 価格

仮想通貨の価格をスマホでチェックする男性投資家

グレード(安い順) トヨタ・ランドクルーザープラド Mazda・CX-8
プラド/TX(5人乗り)

CX-8/XD(6人乗りまたは7人乗り)

353万8080円~

(ガソリン)

319万6800円~

(ディーゼルターボ)

プラド/TX L(5人乗り)

CX-8/XD

PROACTIVE(6人乗りまたは7人乗り)

404万7840円~

(ガソリン)

353万7000円~

(ディーゼルターボ)

プラド/TZ-G

(7人乗り)

CX-8/XD

L Package(6人乗りのみ)

536万3280円~

(ディーゼル)

395万8200円

(ディーゼルターボ)

価格は、トヨタ・ランドクルーザープラドの最低価格のモデル(353万8080円)でも、マツダ・CX-8最低価格モデル(319万6800円)よりも、およそ34万円高いのですが、CX-8が6~7人乗りであるのに対して、プラドが5人乗りという点が異なります。プラド7人乗りモデルの最低価格は369万2520円です。また自動車税は、CX-8が2.2Lエンジン(ディーゼルターボ)で、プラドのエンジンが2.7~2.8Lですから、毎年の自動車税がプラドは51000円で、CX-8の自動車税45000円よりも高くなります。また、プラドのクリーンディーゼル補助金の対象モデルは、466万7760円~ですので、100万円以上も価格が上がります。

一方でエンジン性能は価格とは比例しません。価格の低いプラドのガソリン車モデルの馬力は163馬力で246N・mトルクです。プラドの価格が高いディーゼルエンジンモデルは177馬力で450N・mトルクなのですが、プラドに比べて価格が低いCX-8のトルクはプラドのディーゼルモデルと同じ450N・mで、CX-8の馬力は190馬力と数字は上がります。さらにプラドの車重がおよそ2.1~2.2tで、CX-8はおよそ1.9tですから、CX-8の方がプラドよりもエンジンが小さく軽いので、同じトルクが出力できるので加速性は良く、速く走るための馬力もCX-8の方が大きいということになります。毎年の自動車税額や重量税額が低くなるCX-8の方が、エンジンに関する性能とコストパフォーマンスに優れていることがおわかりいただけるでしょう。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】大きさ比較

初代と比較して約1mm厚くなったスマートウォッチ

項目  トヨタ・ランドクルーザープラド Mazda・CX-8
全高 1850mm 1730mm
全長 4825mm 4900mm
全幅 1885mm 1840mm
最低地上高 220mm 200mm
ホイールベース 2790mm 2930mm
最小回転半径 5.8m 5.8m

外観寸法は、全幅はトヨタ・プラド(1885mm)のほうが、マツダ・CX-8(1840mm)よりも45mm大きく、プラドのゴツイ外観の印象が、CX-8のスッキリとしたフロントグリルデザインの印象とは異なります。全高はプラド(1850mm)の方が、CX-8の全高(1730mm)よりも120mm高く、全長とホイールベースがそれぞれ異なる割に、最小回転半径が双方とも5.8mですので、小回りはCX-8もプラドも同じようだと思われます。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】 馬力、トルク、燃費比較

プラドは4WD設定しかありませんので、下記はJC08モード、4WDのカタログ値からの燃費一覧です。

エンジン トヨタ・プラド(4WD) Mazda・CX-8(4WD)
2.7Lガソリン 燃費9.0km/L

163馬力、246N・m

2.8Lディーゼル 燃費11.8km/L

(TZ-Gは11.2km/L)

177馬力、450N・m

2.2Lディーゼルターボ 17.0km/L

190馬力、450N・m

プラドのガソリン車は9.0km/Lで、プラドのディーゼルが11.8km/L ですが、CX-8の17.0km/L という燃費の良さが際立ちます。CX-8は2WDグレードであれば17.6km/L のカタログ燃費ですから、CX-8に経済的な走行燃費性能の高さも軍配があがります。

【Mazda・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】 まとめ

カタログの数値でみると、トヨタ・ランドクルーザープラドよりも、価格の安さ、エンジン性能で馬力の大きさ、燃費性能において、マツダ・CX-8の方が優れていることがわかります。しかしながら、燃費を犠牲にしてまでも、トヨタがこだわるプラドのラダーフレーム構造には定評があります。ボディから独立したラダーフレームは、燃費を悪化させる要因である、車重こそは重くなってしまうという欠点を抱えていますが、起伏の激しい悪路を走行する上では、強靭なクルマとしての性能を発揮でします。一方で、最高ランクの安全性能を装備したCX-8は、ボディフレーム全体で強度を支えているモノコックボディですので、悪路を走行した場合には、クルマの強度に関わる致命的なダメージを負うことになるでしょう。目的と開発された背景はそれぞれ異なりますが、双方、良いクルマであると言えるでしょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする