【Mazda・CX-8】VS【国産現行7人乗りSUV】群雄闊歩の5車種を比較

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

スポンサードリンク



【マツダ・CX-8】VS【国産現行7人乗りSUV】いざ、価格勝負!松本城

マツダ・CX-8(ディーゼル、2.2Lターボ) トヨタ・ランドクルーザープラド(2.7Lガソリン、2.8Lディーゼル) 日産・エクストレイル(2Lガソリン) 三菱・アウトランダー(2L,2.4Lガソリン) 三菱・パジェロ(3Lガソリン、3.2Lディーゼルターボ・)
メーカー希望価格 319万6800円(2WD)~ 353万8080円(4WD)~ 262万1160円~ 253万8000円~ 327万7800円~

7人乗りの国産現行SUVで、最も低価格から購入できるのが三菱アウトランダーと日産エクストレイルです。双方、購入価格は低く設定されていますが、燃料はガソリンで、マツダ・CX-8全車に搭載されているディーゼルの軽油に比べて、ガソリンは1リットルあたりの燃料価格がおよそ20円~25円ほど高くなります。

また、7人乗りでディーゼルエンジン車となると、トヨタ・ランドクルーザープラドは430万7040円~(2.8L)となり、CX-8のおよそ320万円~に比べると、110万円ほど価格が上昇します。尚、アウトランダーはPHEVの電気自動車のイメージが強いのですが、PHEVは5人乗りで、7人乗りの設定がありません。では、これらの価格が適正かどうか、バッサリと見ていきましょう。

スポンサードリンク



【Mazda・CX-8】VS【国産現行7人乗りSUV】大きさと重量の切れ味

日本刀を構えマッチ開始を待つプレイヤー

赤文字は最も数値が大きいモノ、または優れるモノ

項目 CX-8 ランクル・プラド エクストレイル(ガソリン) アウトランダー(ガソリン) パジェロ(ガソリン)
全高 1730mm 1850mm 1740mm 1710mm 1870mm
全長 4900mm 4825mm 4690mm 4695mm 4900mm
全幅 1840mm 1885mm 1820mm 1810mm 1875mm
最低地上高 200mm 220mm 205mm 190mm 225mm
車両重量 1820kg 2100kg 1530kg 1480kg 2130kg
ホイールベース 2930mm 2790mm 2705mm 2670mm 2780mm
最小回転半径 5.8m 5.8m 5.6m 5.3m 5.7m
室内長 2690mm 2520mm 2555mm 2580mm 2535mm
室内高 1250mm 1240mm 1270mm(サンルーフ付は1220mm) 1265mm 1235mm
室内幅 1540mm 1565mm 1535mm 1495mm 1525mm

国産現行SUVの5車種の大きさ、重量を比較してみると、全高及び全幅はプラドとパジェロが大きいことが分かります。また、プラドとパジェロは車両重量も重いことがわかります。これは、双方ともシャシー強度が強いラダーフレームを採用している事に起因している為ですが、パジェロはさらにモノコックボディとラダーフレームとを溶接した構造を特徴としています。一般的に、ラダーフレームは鉄板骨格を増やして、溶接技術によってフレーム強度を上げるので、強度が上がれば重量が増える特徴を持ちます。

一方でモノコック構造は、ボディ自体は玉子の殻のように薄く軽量化して、ボディ全体で強度を持たせますが、玉子が割れるように、一点集中型の衝撃には著しい強度低下を招く特徴を持ちます。上記SUV5車種で、プラドとパジェロはクロスカントリー系SUV(いわゆるクロカン)と呼ばれ、それ以外のSUVはクロスオーバー系として区別されています。クロカンがラダーフレーム系の悪路走行を想定した車種で、クロスオーバー系は街乗りを舞台に想定して設計されています。

上記で目立つのが、マツダ・CX-8の圧倒的な室内長長さ(2930mm)です。外観全長が同じパジェロの室内長が2535mmですので、400mm近く長いCX-8の室内空間の広さが目に浮かびます。3列シートに人が乗車した状態でも、ゆったりと座れる室内空間の特徴が、カタログ数値に表れています。

スポンサードリンク



【Mazda・CX-8】VS【国産現行7人乗りSUV】馬力とトルクと燃費

項目 CX-8 ランクル・プラド エクストレイル アウトランダー(ガソリン) パジェロ(ガソリン)
エンジン 2.2LクリーンディーゼルDOHC4気筒直噴ターボ 2.7LガソリンDOHC4気筒、2.8LディーゼルDOHC4気筒 2LガソリンDOHC4気筒 2Lまたは2.4LガソリンSOHC4気筒 3LガソリンSOHC6気筒または3.2Lクリーンディーゼルコモンレール式ターボ
馬力 ディーゼルターボ/190馬力 ガソリン/163馬力、ディーゼル/177馬力 ガソリン/147馬力 ガソリン2L/150馬力、ガソリン2.4L/169馬力 ガソリン/178馬力、ディーゼルターボ/190馬力
トルク ディーゼルターボ/450N・m ガソリン/246N・m、ディーゼル/450N・m ガソリン/207N・m ガソリン2L/190N・m、ガソリン2.4L/220N・m ガソリン/261N・m、ディーゼルターボ/441N・m
JC08燃費 17.6Km/L(2WD)、17.0km/L(4WD) 9km/L(ガソリン4WD)、11.8km/L(ディーゼル4WD) 16.4km/L(2WD)、15.6km/L(4WD) 16.0km/L(ガソリン2L、2WD)、14.6km/L(ガソリン2.4L、2WD) 8.0km/L(ガソリン4WD)、10~10.4km/L(ディーゼル4WD)

上記、国産現行SUVの5車種において、マツダ・CX-8の190馬力とトルク450N・mという値の大きさが目立ちます。それでいて、エンジン排気量が2.2Lであることが、2.5Lを超えるプラドやパジェロに比べて毎年の自動車税額の安さが想像できます。また、上述の車両重量比較からも、プラドやパジェロに比べて軽いことから、車検時などの重量税が安くなることがわかります。また、軽くてパワーのあるクルマのメリットとしての表れとして、マツダ・CX-8の低燃費の値も目立ちます。

【Mazda・CX-8】VS【国産現行7人乗りSUV】まとめ

上記、国産現行SUVの5車種において、

車重が軽いのに、加速トルクが大きく、馬力も大きいパワフルなクリーンディーゼル直噴ターボエンジンを搭載した、マツダ・CX-8の走行性能の高さがわかります。

車両重量に比べて加速が良いというパワーエンジンの性能が、カタログ燃費の値にも表れています。さらに、2017年の安全性能評価について最高ランクのファイブスター賞を、最高得点で取得したマツダ・CX-8は、クルマとしての最高級の安全性をも備えています。

また、7人乗りSUV車の中では、室内長が他車に比べて400mm程度長く、3列目シートに人が乗っていても、圧倒的な広さが確保できていることもわかります。そして、全車クリーンディーゼルに統一したことで、共通エンジンよる低コスト化と、ガソリンに比べて、リッター単価の安い軽油によって、さらなる高い経済性をも実現しています。これだけ揃っての7車種の中で、中間価格帯での設定は、お買い得という言葉以外に、どんな言葉があるでしょう。

マツダ・CX-8はクロスオーバー系のモノコック構造を採用しているSUVですので、クロカンSUVのプラドやパジェロのような悪路の走行には適しません。しかしながら、街乗りでは最高ランクの安全性を装備した、ゆったりとした移動空間を併せ持った、最上級SUVとしておすすめできるクルマに仕上がっています。見る者を惹きつけるマツダの鼓動(KODO)デザインボディに包まれた、最高ランクの安全性能を装備したクルマ。ドライバーだけでなく乗車する全員が安心して乗れるクルマ、CX-8。まだまだ改良の余地は残されていますが、ZoomZoom、よちよち歩きを始めたばかりのマツダが創り上げた傑作SUV、CX-8を、思う存分楽しんみてはいかがでしょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする