【Mazda・CX-8】アクセル踏み違えを安全回避、全車標準の最高ランク

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

中国で、試乗車運転中にドライバーがアクセルを踏み間違えて、ショールームにツッコむという事故が起きてしまいました。日本でもアクセル踏み間違えによる悲しい事故は過去にあり、死傷者も生じた報道がされています。そんな悲しい事故や損失を減らすクルマとして、マツダ・CX-8を紹介いたします。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】最高ランク、最高得点の安全性能

トランプでロイヤルストレートフラッシュ

2017年12月に販売を開始したマツダ・CX-8は、2017年の自動車アセスメント評価で、最高ランクとされる「ASV++」で最高得点の79.0点を獲得して話題となりました。その評価の中の一つに、ドライバーのアクセルペダル踏み間違えによる事故を予防する安全性能も含まれているのですが、その機能が、マツダ・CX-8全グレードの全車に標準装備されているということが嬉しい点で、私たち消費者にとっても評価に値する性能と言えるでしょう。また、衝突安全性能評価でも最高ランクのファイブスター賞を受賞しています。では、マツダ・CX-8に装備された安全性能についてピックアップしてみましょう。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】標準装備の安全機能

ヘルメットをかぶって声をかける女性社員

まずは、マツダ・CX-8の全グレード、全車に標準装備された安全性能を紹介いたします。

1. アドバンストSCBS(アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート)/予防安全

運転中に前方に停止していた自動車にツッコみそうになってご経験はありませんか?アドバンストSCBSは、前方のクルマや歩行者を、フロントガラス上部に設置されたカメラが検知して自動ブレーキを制御、衝突を回避しようとします。時速80kmまでの範囲で、対車両は時速4kmから、対歩行者は時速10kmから、ドライバーを衝突から回避するために監視してくれます。

2.AT誤発進抑制制御(前進時、及び後退時も)/予防安全

およそ時速10km以下での徐行前進時、または停車時、あるいは後退時に、バンパーからの超音波が障害物を検知します。また、前進時はフロント上部のカメラも前方の障害物を検知します。いわゆるアクセルペダルの踏み間違えによる誤発進や急加速を抑制します。

3.SKYACTIVE-BODYとアクティブボンネット

SKYACTIVE-BODYは、軽量で高剛性の安全ボディで、前方、側方、後方からの衝撃を吸収・分散して、室内の安全を守るボディです。日本の保安基準よりも過酷な時速80km、オフセット70%相当のマツダ車内テストでも、生存空間は十分な結果で、3列目シートでも安心して乗車することが可能です。また、アクティブボンネットは、万が一、CX-8に衝突してしまった保護者の頭部と脚部のダメージを減らすシステムです。ただし、システムの正常動作には純正同等サイズのタイヤホールとタイヤが必須ですので注意が必要です。

4. エアバッグとカーテンと安全シート

運転席と助手席のエアバッグシステム、フロント/2列目シート/3列目シート用カーテン及びフロントサイドだけでなく、顎部の衝撃緩和シート、前面衝突時の後席者の下半身の滑り落ちを抑制するシート、後方荷物の侵入を抑制するリアシートが、全車に装備されています。また、チャイルドシート固定を確実にするロアアンカレッジとトップてざーアンカレッジも左右の席に、全車搭載されています。

5.LEDヘッドランプ

全車にハイビームとロービーム単眼式のLEDヘッドランプが採用されています。省電力化を備えつつも明るい白色光を放ちます。

6.HLA(ヒル・ローンチ・アシスト)とESS(エマージェンシー・シグナル・システム)

HLAは坂道で停止すると自動で作動し、スムーズな坂道発進をアシストします。ESSは時速55km以上で急ブレーキをかけた時、ハザードランプを自動で高速点滅させて、後続車両に注意を知らせます。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】上位グレード標準装備の安全機能

XD PROACTIVEグレード、及びXD L Packageグレードに標準装備されている、さらなる安全機能を紹介します。

7.全車追従機能付きMRCC(マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール)

前を走行するクルマとの速度、車間距離に応じて、エンジンとブレーキを自動で制御して、車間距離を一定に保つシステムです。時速0kmから高速走行まで適用でき、前を行くクルマが停止した場合、CX-8も停止し、ドライバーが再発進を行うまで、停止を保持します。

8.LAS(レーンキープ・アシスト・システム)

時速60km以上で走行中に、ドライバーのハンドル操作をアシストする機能です。車線中央やカーブに沿って走行をアシストするライントレース機能と、車線からのはみ出し(逸脱)を回避する機能を選択できます。

【Mazda・CX-8】は走る最高ランク安全装備車両ですが…

上述のように、マツダ・CX-8は、最高ランクの予防安全性能と、同じく最高ランクの衝突安全性能を備えた安心、安全なクルマであるのは間違いありません。しかしながら、これらは各センサーや、システムが正常に動作した上で完成された性能です。センサーは絶対に故障しないとは言い切れません。ですから、過信はいつでも禁物です。クルマの性能で乗っている人に安心を与えるのではなく、安全運転によっても安心を提供しましょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする