【Mazda・CX-8】VS【日産・エクストレイル】最上級か防水か?比較どっち?

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

2018年、1月から7月までで、日産・エクストレイルの販売台数は3万3278台(月平均およそ4800台)。マツダ・CX-8は2万485台(月平均およそ3000台)です。両SUV車種について比較してみました。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】VS【日産・エクストレイル】 価格

グレード(安い順) 日産・エクストレイル

Mazda・CX-8

エクストレイル/20S(5人乗り)

CX-8/XD(6人乗りまたは7人乗り)

219万7800円~

(ガソリン車)

319万6800円~

(ディーゼルターボ)

エクストレイル/20X(7人乗り)

CX-8/XD

PROACTIVE(6人乗りまたは7人乗り)

262万1160円~

(ガソリン車)

353万7000円~

(ディーゼルターボ)

エクストレイル/20S HYBRID(5人乗り)

CX-8/XD

L Package(6人乗りのみ)

258万9840円~

(ハイブリッド)

395万8200円

(ディーゼルターボ)

価格は、日産・エクストレイルの方が200万円代から購入できるので、300万円代前半からのマツダ・CX-8よりも設定価格が低いので購入しやすい印象です。車重がCX-8がおよそ1.9トン、エクストレイルがおよそ1.5トンで、CX-8の方がエクストレイルの約30%ヘビーですが、馬力とトルクはCX-8(全車共通)が190馬力で450N・mトルク値で、エクストレイル(ガソリン車)が147馬力と207N・mトルク値ですから、加速性能に影響するCX-8のトルクがエクストレイルの2倍以上ありますので、CX-8の方が力強く加速できる、速く走る馬力は、双方それぞれ車重に沿って同じようなバランスだと言えるでしょう。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】VS【日産・エクストレイル】 大きさ

項目 日産・エクストレイル

Mazda・CX-8

全高 1740mm

1730mm

全長 4690mm

4900mm

全幅 1820mm

1840mm

最低地上高 205mm

200mm

ホイールベース 2705mm

2930mm

最小回転半径 5.6m

5.8m

外観寸法は、全長において、日産・エクストレイル(4690mm)よりもマツダ・CX-8(4900mm)の方が210mm長く、CX-8の方が室内空間が長くて余裕があることが分かります。エクストレイルの全車防水シート標準装備は魅力的ですが、エクストレイル(7人乗り仕様)で3列目シートを倒さないと、荷室空間が狭いこと、2列目シートがベンチシートのみの設定ですから、3列目シートへの移動は、2列目シートを倒さなければならないなど、アクセスの悪さが気になります。それ以外の外観寸法では、大きな差は見られません。ホイールベースはCX-8(2930mm)の方が、エクストレイル(2705mm)よりも225mmも長いのですが、最小回転半径の差は20cmで、日産・エクストレイルの方が若干小回りが効きます。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】VS【日産・エクストレイル】 燃費

↓JC08モード、2WD、カタログ値からの燃費一覧

エンジン 日産・エクストレイル(2WD)

マツダ・CX-8

(2WD)

ガソリン車 16.0km/L
ハイブリッド車 20.8km/L
ディーゼルターボ

17.6km/L

CX-8のカタログ燃費17.6km/Lに対して、ガソリン車は16.0km/L でそれほど変わりません。エクストレイルのハイブリッド車で20.8km/L で約18%燃費が良いのですが、CX-8は軽油で走りますから、ガソリン(およそ145円/L)と軽油(およそ120円/L)とで燃料自体の価格差がおよそ25円/L(約20%)ありますので、エクストレイルのハイブリッド車で、CX-8と同等の経済的な走行燃費と同じだと考えられます。

【Mazda・CX-8】VS【日産・エクストレイル】 まとめ

防水仕様の最新スマートウォッチ

日産・エクストレイルは、マツダ・CX-8に比べて価格帯が安く設定されていますので、若い世代にも購入しやすいというのは、売れる理由の一つだと思います。ただし、3列目シートを考慮した7人乗りとなると、エクストレイルは3列目シートへのアクセスは、2列目シートを倒さなければならず、室内の機能性や広さに不満が出そうです。この点では、CX-8の上質な室内空間にこだわるCX-8の方に分があります。また、さらにドライバー以外の乗員の乗り心地や快適性能を考慮するなら、2列目シートがキャプテンシートにデザインされた6人乗りのXD L Packageの意味が浮き出てきます。逆に、5人乗りに留まるのであれば、エクストレイルの方がそこそこの荷室空間を安い価格で購入できる点は魅力です。また、エクストレイルの全車防水シート標準装備は、子供から大人まで汚しても洗えるクルマなので魅力的ではあります。

ただし、CX-8で忘れてはならないのが、最高ランクの安全性能を装備している点です。さらにXD PROACTIVEとXD L Package には、より優れた安全性能が装備されています。経済的な燃費性能は、燃費という数値の上では、CX-8の17.6km/Lよりも、エクストレイルHYBRID(20.8km/L)のが良く思えるのですが、CX-8は価格の安い軽油を利用して走行しますので、経済的性能はエクストレイルはハイブリッドにしなければ、CX-8の燃費経済性能には同等ではないと認識しなければなりません。クルマとしての安全性、加速特性、室内空間の広さ、そして何よりも運転する楽しみを考えると、CX-8に軍配があると言えるでしょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする