【Mazda・CX-8】6人乗り?7人乗り?どっちが良い?シート選びまとめ

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

マツダの最上級SUVとして2017年12月に販売が始まったCX-8は、SUVとしては初めてとなる3列目シートを搭載しています。安全性能は、2017年度の自動車セスメント評価で最高ランク(五つ星)を最高得点で受賞し、クリーンディーゼルターボから力強い加速をもたらすエンジンを搭載し、カタログ燃費は17.6km/L(2WD)と、クルマとしての性能は文句のつけようのない仕上がりと言えるでしょう。395.82万円~という価格帯にある、最上級グレードのXD L Packageは6人乗りの仕様のみですが、エントリー仕様のXD(価格319.68万円~)、XDに安全性能をプラスしたXD PROACTIVEグレード(価格353.7万円~)においては、6人乗りと7人乗りシートの仕様選択は、迷われる選択肢ではないでしょうか。それぞれの仕様について、比較してみました。

新幹線の座席

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】2列目シート

マツダ・CX-8の2列目シートは、運転席と助手席と3列目シートが合計4人乗りですので、2列目シートの選択で、(ベンチシートの3人掛けで合計)7人乗りか、(キャプテンシートの2人掛けで合計)6人乗りかという大きな選択肢を決める重要な役割を担っています。7人乗りを選択した場合は、運転席、助手席、2列目ベンチシート(3人乗り)で、2列目までで合計5人乗りとして使用できる選択が容易に想像できます。低価格のXDグレードはセンターアームレストとカップホルダー×2のみ、上位グレードのXD PROACTIVEは、センターアームレストとカップホルダー×2に加えて、充電用USB×2が搭載されて差別化が測られています。

また、3列目シートを倒せば、2列目シートに人が乗った状態でも、キャディバックが3~4個入るスペースになります(巾約1000mm、長さ1100mm、室内高さは740mm)。運転するドライバーと、2列目のチャイルドシートに赤ちゃんを見守るパパまたはママ、という3人家族なら、荷室空間にたっぷりの荷物を載せても十分な移動空間が確保できそうです。しかしながら、6人乗りを選択すると、2列目シートは左右に独立したキャプテンシートとなります。6人乗りを選択した場合、XD及びXD PROACTIVEグレードは、必然的にセンターウォークスルーという選択肢しかありません。これは2列目のセンターウォークスルーを通って、2列目シートから3列目シートへアクセスのし易さが目に浮かびます。小学生を持つご家庭には、子供の笑顔が思い浮かぶ、持って来いの仕様では無いでしょうか?

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】3列目シート

2列目シートの選択と、XDグレード、XD PROACTIVEグレード、XD L Packageグレードの仕様に関わらず、3列目シートの選択は全て共通の5:5分割可倒式シートのみとなります。いかに2列目シートの選択が重要になるかというのが、おわかりになると思います。また、3列目シートを倒して、さらに2列目シートを倒すと、最低でも1890mmの長さの荷室が確保できます(2列目シートを前にスライドすれば最大2320mm)。ここまで広ければ、足を伸ばして寝転がれる空間へと、室内空間は変身します。

2列目シートを倒すとなると、車中泊のイメージが頭に浮かぶと思います。この時に気になるのが、キャプテンシートの中央の隙間です。夫婦二人なら、真ん中に隙間があっても気にならないかも知れませんが、真ん中に子供が一人並ぶとなると、ベンチシートの方が良くなります。3列目シートにアクセスしやすいセンターウォークスルー(6人乗り)を選ぶのか、ベンチシート(7人乗り)を選ぶのかという選択は、結構、究極的な選択かも知れません。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】乗り心地など、まとめ

特急電車の座席

マツダ・CX-8の7人乗りか、6人乗りかという選択は、車中泊を想定した、お子さんを持つご家庭にとっては、とてもとても、悩ましい選択肢なのかも知れません。ただし、2列目シートに7人乗り(ベンチシート)を選択した場合に、真ん中に人が乗ることを考えた場合、その乗り心地には疑問が残ります。ベンチシートの真ん中の座席は、明らかに両脇のシートよりも硬そうですので、乗り心地を求めるのであれば、ベンチシートの選択肢はあり得ません。それを象徴するかのように、上質な乗り心地を求めたXD L Packageグレードには、2列目にベンチシートの合計7人乗りの仕様は設定されていません。マツダ・CX-8の究極的な選択は、車中泊の7人乗り(ベンチシート)か、快適性能を追求した6人乗り(キャプテンシート)かという2択が大きな壁として立ちはだかりそうです。マツダの戦略なのか、SUV初の3列目シートの登場で、2列目シートに対する悩みが新たに加わったようです。家族の未来を創造して、長く付き合う為のシート選択を大いに楽しむのも、CX-8の新しい魅力なのでしょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする