【Mazda・CX-8】後部座席シートパターンと荷室容量、車中泊は?

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】後部座席シートパターン

後部座席でフラッシュを浴びる訳あり男

2017年12月に販売が始まるとと同時に、当初予定販売台数(1200台)を大きく上回って、およそ毎月3000台を売るマツダの最上級人気SUV、CX-8の後部座席パターンについて説明します。CX-8の仕様は、大きくは6人乗りと7人乗りの2タイプに分けられています。この違いは、運転席、助手席で2人乗り、3列目シートも2人乗りですから、2列目シートの選択が大きな役割を決めます。2列目のシートの3人乗りベンチシートか(7人乗り)、2人乗りキャプテンシートかという選択が(6人乗り)、CX-8の大きな分岐点となります。次に、2列目シートの間がセンターウォークスルータイプか、中央コンソールタイプかで、その使用用途は大きく変化します。ご家庭の家族構成によって、その選択は重要になってくるでしょう。

乗る人の快適性優先なら6人乗り?

後部座席の2列目シートで6人乗りか(キャプテンシート)、7人乗りか(ベンチシート)という選択は、そこに座る人の快適性能に大きく関わります。独立したキャプテンシートは、ゆったりとしたくつろぎ空間をもたらします。ですから、高級なリラックス空間をコンセプトにした、XD L Package仕様には6人乗りしか用意されていません。低価格に的を絞ったXD仕様と、より安全性能をプラスしたXD PROACTIVE仕様には、6:4分割ベンチシート(7人乗り)か、キャプテンシート(6人乗り)かという選択が用意されていますが、さらに2列目シートをセンターウォークスルーにするか、中央コンソールにするかという選択は、使い勝手が大きく異なります。

広い荷室なら7人乗り、小学生は6人乗り+センターウォークスルー?

7人乗りの選択の場合、中央に人が乗って2列目までで5人乗っても、3列目シートをフラットに倒して十分な荷物を置く空間が確保できます。ただし、中央シートは固く、座り心地は良くないでしょう。6人乗りの選択の場合、センターウォークスルー仕様を選択すれば、3列目シートのアクセスが容易で、小学生のお子様には喜ばれるでしょう。また、中央コンソールの選択は、2列目シートに座る人の快適性能が良くなります。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】荷室容量

大人の遊び、ゴルフを趣味にするご夫婦なら、荷室の広さは重要です。CX-8は、ゴルフバックなら、3列目シートを通常位置にしても、おおまかに2個まで置くことができます。Boseサウンドシステム付車にすると、荷物置き場の容量はBose無し車の239Lに対し、Bose付き車は220Lと、19Lも減ってしまいます。さらに3列目シートをフラットに倒した場合は、それぞれ572L(Bose無し車)、555L(Bose付き車)となり、最大で1890mmの長さの空間が確保できます。もし2列目シートもフラットに倒した場合には、最大で2320mmの長さの空間が確保できます。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】車中泊優先は7人乗り一択?

車中泊となると、2列目シートの仕様選択が大きく影響してきます。2列目シートに快適性能をもたらす中央コンソールや、2列目シートから3列目シートへのアクセスを容易にするセンターウォークスルー仕様は、フラットになるはずの後部座席空間に、コンソールの突き出た邪魔な部分を残すか、あるいはセンターウォークスルー部の大きな穴ができてしまいます。2列目シートも倒して、助手席いっぱいまでスライドさせれば、最大で2320mmの長さの空間ができあがりますので、夫婦3人と子供で川の字になって寝っ転がるなら、7人乗りのベンチシートという選択がありかも知れません。マツダ・CX-8は、SUVでありながらも3列シートを搭載しているので、後部座席を倒せば、長く使える機能的なSUVです。あれこれ家族の使用用途を想像して、おおいにCX-8のシート選択を楽しみましょう。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする