【Mazda・CX-8】安全性, 自動ブレーキ, 横滑り防止機能

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

マツダの最上級SUV、CX-8。「安心して運転を楽しむクルマを」というスローガンのもと、CX-8全車に標準装備された、最高ランクの安全性についてフォーカスしてみましょう。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】運転しやすい?運転しにくい?

車内のバックミラーを調整する女子

マツダ・CX-8の公式サイトでは、運転しやすさは73%が良いと評価しています。女性、男性の実際のコメントを紹介しましょう。

私をワンランク上げてくれる車(マツダ公式、CX-8オーナーの声より、20代女性)

走りは静粛性が高く、優雅な気持ちで走れます。高速道路でも

雑音はそれ程感じずにストレスフリーです。また、燃費がとても良い。

狭い路地でもよく曲がる。(マツダ公式、CX-8オーナーの声より、40代男性)

前車のCX-5よりホイールベースが長くなった分、曲がるときにタイムラグが必要かと思ったが同じタイミングでハンドルを切ると素直に曲がる。納車待ちの時にディーラーからお借りしたデミオの時などハンドルを切るのが早すぎてしまうほど、コーナーでの旋

回力は素晴らしいものがある。”意のままに操る”うたい文句に偽りなし。

アクセルを軽く踏んでいるだけで車に負荷なくスムーズに進んでいく。

ディーゼルエンジン特有のゆったりとしていて、トルクフルな加速性能は、高速走行でもストレスなく運転できるという評価が聞こえてきます。また、CX-5よりもロングなボディにも関わらず「曲がる」性能は向上していると言えるでしょう。また、CX-8で「運転しにくい」という評価は探しても見つけるのが困難ですので、運転しやすいクルマなのでしょう。

これから公道デビュー

ただし、CX-8は軽自動車に比べれば大きなロングボディですから、大きなクルマを運転するには勇気が必要な方も、多かれ少なかれ存在することでしょう。せっかくの新車なのに、こすった時のショックは誰でも凹むほどに、大きなものです。運転に自信のない方や、心配な方には360度モニターを選択肢に加えることをおすすめです。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】全車装備の安全性と自動ブレーキ

クルマを運転したことのある方ならと、誰でもヒヤッとした経験はあるでしょう。マツダ・CX-8が最高ランクの安全性能(ファイブスター賞)と評価された理由として、全車に装備された安全性能があげられます。CX-8乗車中に、万が一の衝突事故が発生した場合、衝突エネルギーをCX-8は効率よく吸収、分散できる安全ボディを装備しています。その特徴は、前方からの衝突だけでなく、側方、後方からの衝突に対しても、3列シートを含めた室内のどの乗員をも保護できる性能を装備しています。また、衝撃エネルギーを吸収するフロントバンパーだけでなく、アクティブボンネットと呼ばれる歩行者保護システムを採用したボンネットは、万が一にCX-8に衝突してしまった外部の歩行者の頭部や脚部への傷害を軽減する為に装備された安全性能です。

運転中に死角から人が飛び出してきたので急ブレーキする若い女性

また、CX-8の全車に装備された優れた安全性能として、事故を予防する性能を測る自動車アセスメント評価(ASV++)で満点の79.0点を獲得しています。全車に装備されたi-ACTIVESENSEには、前方にある車両や保護者をカメラで検知して、自動ブレーキ制御によって衝突回避をサポートします。また、前方と後方に設置されたカメラは、ペダルの踏み間違いによる誤発信や急加速を前進方向、あるいは後進方向も抑制して衝突を回避してくれます。さらに、XD PROACTIVEグレードとXD L Packageなら、標準装備されたミリ波レーダーによる検知、警告と、さらなる安全性を求めたブレーキ自動制御、また、高速走行でのクルーズコントロール機能が装備されて、ドライバーをサポートします。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】横滑り防止機能DSC/TCS

雪の中の車

DSC/TCSはダイナミックスタビリティコントロールシステム/トラクションコントロールシステムと呼ばれます。DSCは横滑り防止機能で、高速でコーナーを曲がる際に、ハンドルを切っているのに、クルマが遠心力に負けて外側へと膨らんでいく状態(アンダーステア)に陥ることがあります。特に滑りやすい雪道では、遅い速度でも顕著にアンダーステアが現れることがあります。DSCが作動すると、エンジンのトルクを抑制(TCS)して、車はブレーキがかかった状態のように荷重がフロントに移動します。荷重移動によってグリップを得た車は、進行方向へと曲がりはじめます。

DSC/TCSは、CX-8全車に装備されていますが、限界を超えた速度では曲がれません。また、CX-8は万が一の事故でもドライバーを含めた乗員への衝撃ダメージを軽減してくれる素晴らしいクルマです。だからと言って、100%命を保証したクルマではありません。車を運転する楽しみも、安心できるからこそ楽しめるのですが、無理の無い安全運転を心がけましょう。

【Mazda・CX-8】安全性能まとめ

これまで歴史のあるMPVなどのミニバン路線から、SUV路線へとキッパリ方向転換をしたマツダのCXシリーズ。CX-3,CX-5に続いて、その最上級SUVとして2017年12月からリリースされているCX-8ですが、最上級の上質空間という言葉だけでなく、最高得点で取得した、最高ランクの安全性能が全車種に装備されてるのも大きな特徴です。マツダ、CX-8が評価されている安全性能は、大きく分けて2種類あります。

シートベルトを着用して安全運転中

一つは、自動ブレーキによる事故を未然に防ぐ為の機能です。フロントにはカメラとセンサーによるダブル監視による安全制御。そして、後方にもセンサーによる安全監視機能が装備されています。万が一、誤ってアクセルを踏み間違えた場合、あるいは走行中に前方のクルマへと衝突しそうになった場合など、CX-8は衝突事故を避けようとしてくれるクルマです。

もうひとつは、万が一衝突事故が起きてしまった場合にも、ドライバーや乗員の命を守ってくれる安全性能です。また、同じく全車に装備された、アクティブボンネットとという機能は、CX-8に衝突してしまった被害者のダメージを、最小限にとどめようとするための、マツダの心が形になったような、優しい安全性能です。最高得点で評価された、最高ランクの安全性能を装備した、マツダのCX-8、その性能をご堪能あれ。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする