【Mazda・CX-8】対ミニバンのサイズ比較、サイズ感について紹介

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

マツダ最上級SUVのCX-8か?それともトヨタの最高級ミニバンか?どちらにするか迷われている方の為に、最低価格グレードが同じ価格帯で、6~7人乗りという観点で、マツダ・CX-8とトヨタ・アルファードについて比べてみました。尚、マツダ・CX-8のXDグレード価格は319万6,800円(税込み)です。トヨタ・アルファードのXグレードは335万4,480円(税込み)です。その差15万7,680円で、アルファードが高い価格設定です。

彼女を連れて深夜に高級車でドライブ

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】対ミニバンの大きさ

2WDに絞って、マツダのクロスオーバー系最上級SUV/CX-8(XDグレード)と、トヨタの高級ミニバン代表/アルファードの大きさを見てみましょう。

項目 CX-8

2WD・XD

アルファード

2WD

全長 4900mm 4945mm
全幅 1840mm 1850mm
全高 1730mm 1935mm
ホイールベース 2930mm 3000mm

クロスオーバー系SUVのCX-8と、ミニバン代表のアルファードは全長、全幅、全高、ホイールベースの大きさに差は見られないようです。しかしながら、CX-8の開き戸、アルファードのスライドドアから、それぞれ3列目シートの乗り降りとしては切磋琢磨で、賛否両論あります。結局のところは、乗り降りのし易さでは、これまでの改良・改善の歴史あるミニバンに軍配があがるでしょう。また、室内空間の高さ方向の広さも、低床かつ全高のあるミニバンに分がありますから、CX-8にはまだまだ改良の余地はあるでしょう。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】対ミニバンのサイズ感

どちらも大きさが似ている最上級SUVのマツダ・CX-8と、トヨタの最高級ミニバン・アルファードですが、小回り性能を意味する最小回転半径は、CX-8が5.8mで、アルファードが5.6mです。さらに3列目シートの影響で、どちらもホイールベースが長く、小回りが利かなそうです。となると、車庫入れに関する装備品が欲しくなります。360度ビューモニターを装備したXD PROACTIVEグレードの価格が353万7,000円で、XDグレードよりも34万200円価格が高くなります。一方、アルファードのスマートパーキングはオプションでおよそ60万円するのですから、定価ベースでは、割高感の強い高級アルファードよりも、最上級CX-8に、コストパフォーマンスで軍配があがります。CX-8のお買い得感は確かなものでしょう。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】対ミニバンのサイズ比較と燃費

エンジンを含めた走行性能で気になるのが、アルファードの2375kg(2WD)という重量と2.5Lエンジンの182馬力です。1kgあたり0.076馬力ということになります。一方、全グレードでクリーンディーゼルの4気筒直噴ターボのCX-8(2WD)は、1790kg(XD,7人乗り)で190馬力ですから、1kgあたり0.106馬力です。これは車重が同じだったとしたら、CX-8のほうがおよそ1.4倍エンジンの馬力があるということになります。

また、加速に関係のあるトルクの値も気になります。2.5Lエンジンのアルファードが235N・mの最大トルクであるのに、CX-8は450N・mでおよそ2倍のトルクを発揮します。軽くてパワーがあるのですから、CX-8の方に加速感の軍配があるはずです。また、アルファードのJC08モード燃費が11.6km/Lで、CX-8が17.6km/Lと燃費が良い理由も、ボディの軽さとエンジンパワーの関係に表れています。

サイズ感、大きさについては、SUVのCX-8と、ミニバンのアルファードは、運転する上でとても良く似ています。しかしながら、3列目シートからの乗り降りについては、スライドドアを搭載して改良の歴史があるミニバンの快適性に分がありそうです。ただし、わたくし個人としては、CX-8の今後の改良に是非期待したいです。とは言え、現行CX-8の低燃費性能とハイパワー性能のバランス、そして価格というコストパフォーマンスは、アルファードでは無く、CX-8の方が圧倒的に優れていると言えるでしょう。さらに、最高得点の安全性能を備えたCX-8を見れば、マツダのSUV路線への転換方針は、間違いなく本気(マジ)だということがわかります。

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする