【Mazda・CX-8】エコカー減税100%でいくら安くなる?計算方法は?

下取りは必ず確かな無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差は50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】評価が高いエコカー減税100%対象車

宝くじで当選した金額に税金はかかるのでしょうか?

最高得点を取得した安全性能とマツダSUV最上級の移動空間。クルマを運転する楽しさなど、様々な魅力で、購入されたオーナーの心を鷲づかみにしている人気のCX-8。実際、マツダ公式サイトでもオーナーたちの「(CX-8)買ってよかった」という声は多く見られます。オーナーたちの総合満足度は4.7点で、試乗者の4.2点を上回っています。マツダの最上級SUVというコンセプトに基づく、CX-8のエンジン性能からなる走行性能と燃費には、多くのオーナードライバーからの称賛の声が見られます。まずは、マツダ公式サイトから、満足されたオーナーたちの声を紹介します。

最高です(東京、60歳男性)

走り、デザイン、燃費、素晴らしい車だと思います。実車も見ず、感覚だけで購入を決めましたが、まさに大正解の選択でした。

4人の子供たちは大喜び、パパは走りに大満足(新潟県、50代男性)

ディーゼルエンジンとは思えない静かな室内。6人家族で雪国暮らしならCX-8のAWDがベストチョイスでしょう。

マツダ公式サイトより(http://www2.mazda.co.jp/carlife/voice/cx-8/#)

手を振りクリーンなイメージをPRする若い政治家

クリーンとエコという言葉は、日本の政治と自動車業界では、今では当たり前とも言えるほどに定着している言葉です。エコカー減税は、日本の国土交通省が定めた厳しい環境性能の基準値をクリアしたクルマたちを対象に、自動車重量税と自動車取得税を減額してくれる嬉しい制度です。オーナーたちを満足させる、クルマとしての評価が高いマツダ・CX-8の人気を加速させる要因として、CX-8がエコカー減税による免税100%対象車であること、そしてクリーンディーゼル補助金制度対象車であることも影響しているでしょう。

最高にラッキーなことですが、エコカー減税の免税100%で、マツダ・CX-8をお得に購入できるチャンスが増大しています!ただし、補助金制度については条件があるので、詳しくはディーラーに問い合わせた方が良いでしょう。また、対象となる減税適用期間は、自動車取得税が平成31年3月31日までの新車登録、自動車重量税は平成31年4月30日までの新車登録が条件となっていますから、善は急げです。それでは、具体的な自動車取得税、自動車重量税の減税額について見てみましょう。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】エコカー減税の計算方法

エコカー減税の内容は、自動車取得税、自動車重量税、自動車税の3つとなります。では購入時に関わる1)自動車取得税と、2)自動車重量税について、説明いたしましょう。

1)自動車取得税

乗用車として登録(商用車とは異なります)する場合、100%減額となる自動車取得税は、取得価額としての購入金額の3%となります。取得価額には、取り外しが困難なエアコンやETCなどは含まれますが、スペアタイヤやシートカバーは含まれません。

グレード 購入金額(税込み) 自動車取得税の減税額
XD(2WD) 319万6,800円 7万9,900円
XD(4WD) 342万9,000円 8万5,700円
XD PROACTIVE(2WD) 353万7,000円 8万8,400円
XD PROACTIVE(4WD) 376万9,200円 9万4,200円
XD L Package(2WD) 395万8,200円 9万8,900円
XD L Package(4WD) 419万400円 10万4,700円
2)自動車重量税

自動車重量税は対象となる自動車の重量で決まります。0.5t、1t、1.5t、2tと言った具合に、3tまでの範囲で500kgごとに区分けされています。およそ1900kgのCX-8の重量税は、全車一律30,000円となります。とてもわかり易いですね。

スポンサードリンク

【Mazda・CX-8】取得税、重量税、自動車税の実際の金額

マツダ・CX-8は取得税も重量税も100%減税対象車です。最も価格設定が低い2WDのXDグレード(メーカー価格319万6800円、税込み)の場合、取得税減税額は7万9,900円(平成31年3月末まで)、重量税減税額は3万円(平成31年4月末まで)ですので、CX-8購入時に合計10万9,900円も安く変えるのです。また、マツダ・CX-8は2.2L排気量のクルマですので、通常は4万5000円の自動車税を毎年支払う必要がありますが、2年目のみは50%の2万2500円になります(それ以降の自動車税は毎年4万5000円です)。さらにマツダ・CX-8は全車種クリーンディーゼル対象車ですから、補助金が出る可能性があります(申請必要)。購入時だけのお得を損しないように、CX-8ご購入の際は、必ずディーラーに補助金申請について確認をしましょう。

【Mazda・CX-8】購入費用と消費税10%

新車時のクルマの購入費用は、①車両本体+消費税、②ディーラーオプション(フロアマット、ETCなど)、③諸費用となります。③諸費用にはリサイクル費、登録費用、自動車取得税、自動車重量税、自賠責保険(37か月)、自動車税が含まれます。国が定める厳しい環境性能基準をクリアしたマツダ・CX-8なら、自動車取得税と自動車重量税は減税100%ですので、自動車取得税と自動車重量税は双方とも0円になります。ですのでおおよその諸費用を算出すると、リサイクル費1万3150円、登録諸費用6万9100円、自賠責保険(37か月)3万6780円、今からの契約して納車を12月とした場合の自動車税1万1200円を合計すると、諸費用は13万3210円となります。CX-8の購入費用は、最も安いXDグレード319万6800円(消費税込み)にあてはめた場合で、オプション無し、あるいは値引き額でフロアマットを付けてもらったとして、CX-8の乗り出しできる最も低い購入費用はおよそ333万円ということになります。

もう一つ忘れてはならないのが消費税が10%に上がるということです。現在の消費税率は8%ですが、2019年10月1日から消費税率が10%に変わります。仮に300万円のクルマを購入する場合、消費税率8%では24万円の消費税額になりますが、10%に上がると30万円という消費税額になります。せっかく減税で購入額が10万円ほど下がっても、消費税10%では6万円以上も購入額が上がってしまいます。また、Mazda毎年恒例の年次改良モデルも、CX-8は11月29日から発売予定となっています。つまり来年の年次改良、もしくはモデルチェンジは消費税10%後の可能性が高いことになります。

【Mazda・CX-8】購入費用と減税100%のまとめ

参考程度の購入価格ですが、CX-8の最も低価格なグレード、一口に330万円と言っても、買われる方の年齢によっては、とても”高嶺の花”に思えるかも知れません。でも、現在は低金利の時代ですから、自動車ローンや、残価設定型ローンなど、月々の返済額を減らすことで、支払いの負担を和らげて、車を購入できる方法が、すぐ手の届く範囲に転がっています。クルマの購入は、3年、5年、7年というスパンで考えれば、意外にも実現できる範囲に思えてきます。それに、7年後の未来に現金を用意できたとしても、現金の価値は変動してしまうので、我慢する価値の保証はありません。

受注が決まり1人ガッツポーズを決めた上司

CX-8の減税100%も、購入金額を10万円以上も安くしてくれる素晴らしい手段の一つです。まして、CX-8については、クリーンディーゼル補助金をもらえる可能性を秘めています(是非、最寄りのディーラーにお問い合わせを!)。さらに、2019年10月にはクルマの消費税が10%に上がることが決定しています。せっかくの免税100%やクリーンディーゼル補助金が、仮に更新されたとしても、その効果は著しく減少します。

価格が高いから自分には無理だとか、ハナから無理だと諦めてしまえば、あるいは、貯金してから後回しにという後ろ向きな行動は、せっかく目の前に広がる購入チャンスを、、自ら棒に振って逃がしてしまうことになりますから、勿体ない!!好きなクルマを強く、強くイメージして、是非、欲しいクルマを、あなたが欲しいと感じた、今のタイミングで!是非、手にして下さい!希望の未来はきっと、すぐそこにあります!免税、補助金、消費税増税の全てを回避するなら、クリーンディーゼルCX8の購入は、2019年3月までに急ぎましょう!Zoom,Zoom!恐れず、未来を創造して、前へ前へと進みましょう!!

【欲しい新車】値引額から更に50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。

ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車より新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

 

私も5年落ちの愛車をディーラーで見積ったら、下取り額はわずか5万円。でも新車ディーラーでネバっていたら、20万円も値引きしてもらいました。

なので、購入を決めました。私の失敗は、この裏技を知らなかったこと。更に50万円安く購入できたのに

 

あなたは是非、ディーラーの値引き額よりも更に50万円安く買って下さい。

 

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトを利用しましょう!

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする